外来看護師 配置基準

外来看護師の配置基準について

募集など見ていると外来看護師の募集が少ないと思う人たちもいらっしゃるのではないでしょうか。
外来看護師はいわば病院の顔と行ったものです。
看護師の役目に、外来看護師の場合「顔」という大きな役割があります。

外来看護師なら、上手に他人に対してコミュニケーションも出来る人材でなければならないです。
外来看護師というのは、夜勤がないので体力的には比較的楽な仕事だと考えられているところがありますが、その一方では「病院の顔」として対応することが多いために精神的には気を使う場面が多いという側面もあります。
たとえば、クレームにも対応できる能力が問われますね。

外来看護師には外来看護師も採用、配置基準と言ったものがあります。
求人を確認する際にそのあたりまでのことを知ることも実際には大事なことなのです。
あるクリニックでは、正式に外来看護師を採用しないケースもあります。病棟看護師が日勤で交代するスケジュールを組み立てているのも、 そのクリニックの配置基準です。
大病院になるほど外来看護師を採用する人数は増加します。
医療法には、既に外来看護師の配置基準が明確化されています。
実際には病院、クリニックで配置基準は自由に任されている問題ではありません。
患者と外来看護師の比率は30:1となるようにしなければならないのです。
外来には看護師をこのように配置するように定められているのです。
それに違反したことによって罰則かるある訳ではありませんが、質の良い医療を提供するためには最低限その程度の看護師は必要ですと国が定めているものとなります。