看護師 職場 状況

看護師の職場の状況について

看護師は、きつい・汚い・危険の3Kです

まさに、看護師の職場というのはこうした3K職場の代名詞と言われているまでです。
こう聞くと、一体白衣の天使などという言葉は何処へ行ってしまったのでしょう、と思ってしまうところもありますが、医療により一般の人が助かる確率が高くなり、そしてより高い水準での医療を求めるようになるとその負担を被るのは現場の医師や看護師といったところになるのですよね。

白衣ならきっと労働によって薄汚れているイメージが看護師になってしまったのです。
きつい・汚い・危険の3K・・・。
看護師は、4Kとも、5Kとも言われているのです。
段々と看護師になりたいと意欲燃やす人たちがこのままでは減少して行ってしまうことでしょう。
確かにこんな感じではどんどん看護師は魅力ない仕事に変わって行ってしまいます。
しかし、逆に私達の現代社会は、今まで以上看護師を求めているのです。
このギャップは政府が何らかの対策を講じないと解決出来る問題ではありません。
育児と仕事、家事と仕事、これが両立出来ない世界は女性がこれからなかなか進出出来ない世界です。
ある人はいます。
看護師は有給が取れないのが当たり前だと。
そういうイメージなら有給も夢のまた夢でしょうか。
看護師とは、ある意味非常にやりがいのある仕事なのです。
人の命にかかわる仕事です。
真剣に看護師になろうという人たちはまだまだ現存しています。
そういう人たちが率先して有給の取れる医療機関を条件として求人検索してるいようです。