看護師 職場 流れ

看護師の職場での1日の流れについて

看護師の1日はこんな感じです。
まず日勤看護師は、朝の始業前に一日の予定を確認します。
始業が何時かというのは病院によってことなりますが、8時~9時の間というところが
多いでしょう。だからその時間になる前に1日の予定を確認します。

その日担当する患者さんの情報を収集します。夜勤のある病院では引き継ぎ(申し送り)が行われます。この朝のカンファレンスも非常に重要です。そこで、看護師は、要注意な患者さんの情報を共有します。

患者さんの食事のセッティングもし、かつ入浴介助するのも看護師の役目です。
お薬を配って回り、必要ならば患者さんの食事介助をもします。
休憩後、再び患者さんのもとへ行き、ケアを再開します。
夕方になれば、検査の結果や連絡簿などの確認業務をし、薬の整理をします。
夜勤業務の看護師との引継をスムーズに行い1日の仕事は終了します。

ただし、今お話ししたことは至って平常に物事が進んだ場合です。
看護師の仕事は時として自分のペースも乱される場合もあります。そういう環境でも耐えていかなければならないものが看護師です。看護師という仕事が患者さんの命を救う仕事と割り切ることが出来れば自ずと次に取る行動はペースが乱されても判るはずです。

時として、チームであるはずの同僚、上司にペースが乱されることもあるかもしれません。医療機関にあってはならないことです。今医療機関で重視されている問題はチームワークなのです。チーム力がより以上を作る最強の武器です。