看護師 夜勤業務 日勤業務

看護師の職場~夜勤業務と日勤業務について~

看護師が最近仕事が大変でなりたくないという話しを聞きます。
看護師の仕事が大変というのは事実のようです。
しかし、だからこそ看護師の仕事はやりがいのある仕事という言い方だってできるのです。
看護師の仕事自体、患者さんの命と真っ向向き合っている仕事なのです。
ただし、患者さんの命に対して看護師は24時間365日向き合っていかなければならない訳です。
確かに看護師は過酷な労働です。
なぜ、患者さんになりたくないのかという問いに対して、多くのみなさんが看護師は夜勤があるからと答えます。
なので、看護師希望の人たちも病棟看護師よりも外来看護師を求めるようですね。
外来看護師の方が患者さんの縛られると言うよりも、医療機関のシステムに縛られる面が大きいからです。

医療機関が閉まれば、看護師の仕事も終了です。
しかし、病棟看護師の場合には、患者さんが退院するまで基本終了はありません。なぜ看護師になろうとする人たちも夜勤を拒むのかと言えば、夜勤によって、生活のペースが狂わされることにあります。
更に、夜勤があることによって、過剰ロードワークになる可能性もあります。
夜勤で患者さんと向き合っている看護師は、なぜ自分一人だけこんな思いをしているんだろうかと孤独になるケースも多いようです。

忙しい仕事だからこそそこにやりがいがある、という面もありますが、一方、子育てや家庭の事情により夜勤をすることができないという看護師もまた多くいます。看護師が多く働いていけるためには、多様な働き方を認める職場が必要だということは言うまでもありません。