看護師 職場 病院

看護師の職場と病院側の事情

看護師の職場にはいろんなパターンの職場があります。いまは多くの職場で人手不足なので、新しい看護師がきても、教える時間を割くことができなければ結局は「見て覚えて、やって行きながら覚えて」と言うことになってしまいます。

ある程度経験のある看護師であればそれでも何とか仕事に就いて行くことができるのですが、新人の看護師とか経験の低い看護師だと、見て覚えてといわれても何をポイントに覚えればよいのか、分からないことを尋ねると言ってもみんな忙しくてどのタイミングで聞けばよいのか、ということで途方に暮れてしまうことも多いのです。

だから、本当に忙しい病院は求人でも「経験者のみを採用する」と言っているところもありますからね。

病院側の都合としては教育に人を割くことができないということなのですが、では働く看護師の方からすると、まともに教育がなされないままに現場に放り込まれてしまうと「何かあった時のミスが怖い」と言うことになります。もし不手際により患者さんに問題が発生してしまった場合は、看護師資格を持つものとしては新人も経験者も関係ありません。そう考えると行動が委縮してしまう、行動が委縮すると成長が止まってしまう、その結果モチベーションも下がってしまう、という悪循環になってしまうのです。

現実問題として、新人看護師が働きやすい職場、反対に新人看護師が働きにくい職場というものは存在します。「環境が悪くても自分の勉強次第ではついて行けるはず」と言う先輩看護師もいますが、その分、事故を起こす可能性は確実に高くなるわけですからね。さらに最近は医療事故に対する世間の目、損害賠償の訴えの数がかなり増えています。

「この職場は自分には合わないかも」と思うのなら、ひとりで悩むのではなく相談をしてみることをお勧めします。