看護師,転職,職場

ハローワーク看護師転職サクラ咲く

現在は多くの病院があるのですが、看護師の方が枯渇している状況というのが長く続いています。そのため、転職を考えている方は転職しやすい環境になっています。ただし、職を見つけるということと、その職場で待遇良く働くということは別物なのでそのあたりは注意が必要です。

医療機関で医師や看護師が不足してしまうと、まず業務が輻輳してきます。異常に忙しくなるということです。毎日連日の残業、急な出勤、そして残業をしても残業代が付かない・つきにくいという状況になるのです。そうなると、看護師などの医療従事者がドンドンと抜けていってしまいます。すると今度は、患者に対して適切な処置を行う事が難しくなってしまいます。その結果、なんでもない処置が手間取ってしまったりトラブルが発生してしまって、余計に業務量が増えてしまうことになるのです。これが継続してくると、医師や看護師の過剰労働にも繋がってしまいます。

悪循環が悪循環を招き、ドンドンと負のスパイラルに陥ってしまうのですよね。

千葉で看護師求人を探していた知人がまさにそんな状態だったと思います。
さいわい、その看護師は転職サイトを利用して良い求人を見つけたと聞きましたが。

病院によってはこのような激しい労働がすでに行われている可能性もありますし、きちんとシフトを守る事ができない病院も数多くあります。

よく、「厳しい環境の方がスキルを身に付けるには有利」と言われることがありますが、有意義な激務と無意味な激務はあると思います。きちんと勤務が管理されて、厳しい労働状況に対してそれなりの待遇で迎えられるところならば有意義でしょうが、医師や看護師の献身に甘えてしまっている職場というのは、キャリア的に見てもどうなのかと思います。

そのあたりは、客観的に見極めて自分自身のキャリアのこととしてよく考えた方がよいですね。自分では客観的に見れているのかどうかが分からないのであれば、第三者に聞いても良いと思います。

看護師の他の職場を良く知っている第三者となると、転職サイトのキャリアコンサルタントがいます。キャリアコンサルタントに相談して転職をさせられるのでは、と不安になるかもしれませんが、最近は無理に転職を刺せるような転職サイトはほとんどありません。我慢をし続けているのなら、相談をして納得したうえで働く方が精神的にもよいですからね。

ハローワークで看護師求人を探すという方も結構いるようですが、転職サイトも無料で使うことができます。どちらか一方に絞って使う必要もなく、使えるものはどちらも使ってみるという方法が良いのではないかと思いますね
看護師ハローワークPlus